いろいろな歌の歌詞を和訳してみました。掲載曲数1800曲以上。アーティスト数170以上。洋楽はもちろん、邦楽の英語詞部分の意味も載せています。なるべく意訳をせずに、直訳に近くなるように訳してみました。
大好きなあの洋楽は、どんなことを歌っているんだろう?あの曲の歌詞のあの英語は、どういう意味なんだろう?
そういったみなさまの疑問を解消できれば嬉しく感じます。

スポンサーリンク
 

マッカーサー・パーク / ドナ・サマー
MacArthur Park / Donna Summer

春は私達を待ってはくれなかった
私達がダンスで追っているときは
春は一歩前を走っていた

別れたページの間
私達ははさまれてた
愛は熱く 熱を持った鉄のよう
ストライプのパンツのよう

マッカーサー・パークは暗闇に溶けていく
優しい緑の氷衣が流れていく
誰かが雨の中にケーキを置いていった
それを取っていけるとは思えない
焼くにはすごく長い時間がかかるから
もうそのレシピはないから

黄色い綿の波のようなドレスを思い出す
地面の上 あなたのひざの下
鳥達はあなたの手の中の優しい赤ちゃんが好き
そしてお年寄り達は
ダイヤモンドゲームを木のそばでやっている

マッカーサー・パークは暗闇に溶けていく
優しい緑の氷衣が流れていく
誰かが雨の中にケーキを置いていった
それを取っていけるとは思えない
焼くにはすごく長い時間がかかるから
もうそのレシピはないから

私には他の歌がある
私はそれを歌う
私には他の歌がある
誰かがそれを持ってくる
温かいうちにワインを飲むわ
あなたには捕まえさせない
太陽を見る
私の人生の全ての愛のあとで
私の人生の全ての愛のあとで
あなたこそが運命の人

私は手の中に人生を手に取るだろう
そしてそれを使うだろう
私はみんなの目の中に崇拝を勝ち取るだろう
そしてそれを失うだろう
欲求するものを手に入れるだろう
そして情熱は流れ出す
空を流れる川のように
私の人生の全ての愛のあとで
私の人生の全ての愛のあとで
あなたこそが運命の人
そして自分自身になぜかと問いかける

マッカーサー・パークは暗闇に溶けていく
優しい緑の氷衣が流れていく
誰かが雨の中にケーキを置いていった
それを取っていけるとは思えない
焼くにはすごく長い時間がかかるから
もうそのレシピはないから

1978年発表の、ドナ・サマーの7枚目のアルバム「Live and More/Live and More 」に収録。
全米ナンバー1を獲得。
原曲は、リチャード・ハリスによるもの。
フランク・シナトラ、スプリームス他多数のアーティストがカバー。

歌・楽器の人気記事

関連コンテンツ

  • ドナ・サマーの曲一覧
  • オレの歌詞和訳Topへ
  •